神道のお葬式で行う玉串奉奠の手順

仏式のお葬式ではお焼香をあげますが、神道のお葬式では行いません。お焼香に近いのが玉串奉奠です。「たまぐしほうてん」と読みますが、これは人と神様の心を一つに結ぶという意味合いがあります。玉串とは榊の枝に紙や糸を結んだものです。玉串奉奠の手順は、まず神職に一礼をします。玉串を受け取るときは、右手で玉串の根元を親指が下になるように持ち、左手に葉の先を乗せるように支えます。このとき葉のほうが高くなるようにします。玉串を乗せる台まで進み軽くお辞儀をします。次に玉串の葉の先を神様に向け、左手を根元に移して左右の手で持ちお祈りします。そして左手で根元を持ち、右手で葉を押さえ時計回りに2度回します。回したら、根元が神様に向くようにして玉串を置く台に乗せます。置いたら2度お辞儀をして、拍手の2回打ちます。拍手を打つ際には忍び手といって音を出さないように行います。最後に一礼をしたあとに、軽いお辞儀をして自席に戻ります。以上が一般的な玉串奉奠の手順になります。