宗派によって違うお葬式でのお焼香

仏式のお葬式でお焼香する際は、右手でつまみ額の高さまで持ち上げて左の香炉へ落とすということは多くの人が知っていることでしょう。しかし、一番迷うのは持ち上げる回数ではないでしょうか。この額まで持ち上げることを「おしいただく」といいますが、回数は宗派によって違います。代表的な宗派による作法をまとめました。まず、真言宗はおしいただき香炉へ落とす動作を3回行います。日蓮正宗も同様です。日蓮宗は1回から3回であれば大丈夫です。浄土真宗と臨済宗は1回になりますが、臨済宗はおしいただかなくてもだよいです。もちろんおしいただいても大丈夫です。浄土真宗はおしいただかず1回です。天台宗は回数や作法に関しての定めはありません。おしいただいてもかまいませんし、1回でも3回でも問題ありません。お焼香をあげる意味は、心と体の穢れを取り除き仏様へ手を合わせる為に行うものです。宗派によって作法や回数は違いますが、故人を偲び行うことであるという心が一番大切な作法でしょう。