葬式参列の基本マナー

葬式参列にはマナーを守る必要がります。それを守らないと、自分の評価を傷つけるばかりではなく、相場の空気を壊してしまうことになります。つまり、自分にとってマイナスであるばかりではなく、周囲にも迷惑をかけてしまうことになります。そのため、マナーについてはよく調べて、それを守るよう心がけましょう。
参列の際には、定刻より少し早めに行くのがマナーです。また、式場では静かにして、大声での会話を控えるようにしましょう。知人に会っても軽く挨拶をするのにとどめます。香典は受付で渡しますが、挨拶をしてからふくさから取り出し、相手から表書きの名前が見えるように両手で差し出します。そして、それが終われば芳名帳に名前を記入して一礼します。
会場に受付がない場合もあります。その場合は、焼香の際に祭壇を備えるか、遺族にお悔やみを伝えて手渡すことになります。この点は、周囲の人がどうやっているのかを見て臨機応変に対応すると良いでしょう。