葬式の焼香について

人間はいつかは亡くなるという運命にあります。これが早い人もいれば、遅い人もいたりして、人によってもどの程度生きることができるのかということはわからないものです。しかしながら、闘病生活をしていたりすると、亡くなる時期というのも見当がつくこともあるのです。ですから、いつでも葬式に出ることになっても困らないようにしたいものです。
葬式というのは故人の宗派によってもやり方が異なります。ですから、会場もお寺であったり、教会であったりするものです。その際に気になるのが、葬式の流れになります。一般的には僧侶が読経をはじめると、焼香をしていくことになります。よくあるのが立ち焼香ですが、できることなら左手に数珠を持って右手で焼香をしていくようにするといいでしょう。親族や遺族に続いて順番に済ませるようになるのですが、故人の一礼、そして遺族に一礼をしてから焼香を始めます。宗派によっても焼香の回数が違うので、前に人煮続いて行うようにしてから合掌をします。そして終了したら、僧侶や遺族に一礼をするという流れになります。