葬式での焼香や献花のやり方

葬式に参加すると仏式の場合焼香をします。焼香にもやり方があり、間違えると常識がない人と判断されます。
焼香の手順ですが、焼香台の前に来ると最初に遺影を見つめます。そうしたら前に進み右手の人差し指・中指・親指の三本の指で香を掴み、香炉の中央に香を落とします。香を香炉に落とす回数ですが、宗派によって違います。日蓮系の宗派や真言系の宗派は三回程度とされています。その他の宗派は回数に規定がない場合がほとんどです。しかし、地域の風習などで香を落とす回数が決まっている場合もあるので、事前に寺院がセレモニー会館に確認する必要があります。
キリスト教だと焼香ではなく献花となります。献花する際には茎が霊前に向くように献花します。カトリックとプロテスタントではやり方が多少違ったり、地域によってもやり方が違ったりするので、キリスト教の葬式に参加する前でも教会かセレモニー会館によく確認しておかないと後々大切な事になります。