神道のお葬式について

日本では90%近くが仏式のお葬式ですが、神道のお葬式へ行く可能性もあります。仏式と神道のお葬式には大きな違いがありますので、参列することになった場合は事前に確認しておきましょう。まず、仏教と神道では、人が亡くなった後の考え方が違います。仏教は人が亡くなると極楽浄土へ行き、仏様のもとで安らかに暮らすと考えます。神道は亡くなった人が神様になり、その家を護ると考えています。また、仏式ではお焼香をあげますが、これは香の煙で身を清らかにして仏様を拝むために行いますが、神道ではお焼香は行いません。仏式のお焼香にあたるのは、玉串奉奠です。玉串とは榊の枝で作られたもので、人の魂と神様の魂を結ぶ意味合いがあります。次に違う点は故人の御霊を霊璽へ移すことです。仏教の位牌にあたるものです。ご遺体を火葬する前に霊璽へ移しておきます。また、お香典の表書きも変わりますので注意が必要です。神道では「御玉串料」と書き、蓮の絵が付いている不祝儀袋を使ってはいけません。