お葬式の際のお焼香について

お葬式のお焼香には作法がありますが、参列するたびに迷うことが多いでしょう。最近は規模の小さいお葬式が多くなり、回し焼香というスタイルがよく使われます。回し焼香は祭壇の前に行かず、参列者が座っているところに焼香台が回ってくるので、順番にお焼香をあげることを言います。

その場合は回ってきたらまずは手を合わせてから、香をつまみます。香をつまむときは右手を使うので、左手に数珠をかけておきましょう。他に立って焼香する立礼焼香や座って行う座礼焼香という場合もあります。

立礼焼香は椅子席の会場で行われます。まず祭壇の方まで進み、遺族とお坊さんに一礼します。次に遺影に合掌し一礼します。続いて焼香台まで進み、お焼香をあげます。

最後にもう一度合掌し、遺族へ一礼をして自席に戻ります。座礼焼香の場合は、畳の会場で行われます。手順は立礼焼香と大きく違いませんが、焼香台まで進む際には背筋を伸ばすのではなく少し腰を落として進みます。焼香台に座るときは正座をしましょう。