キリスト教式の葬式マナー

キリスト教式の葬式は、あまりなじみがないという方もいらっしゃるかもしれません。出席したら、キリスト教式で戸惑ったということにならないように、事前にマナーなどを知っておきましょう。キリスト教式は、仏教式の場合と大きく違うこととして、通夜がないことが挙げられます。ただ、本来のキリスト教式ではありませんが、日本の通夜という考え方を尊重して行われることもありますので、訃報を聞いた際につやがあるかどうか確認をしましょう。場所は、教会で行われることが多いですが、斎場の時もあります。注意する点としては、故人のご家族に対して、お悔やみはのべないのが基本です。これは、宗教観の違いによるもので、キリスト教は永遠の命を得る、新しい出発と考えられているからです。キリスト教の葬式では、お焼香の代わりに、献花を行います。お花を1輪ずつ持って、順番を待ち、遺影に黙礼をしたのち、祭壇に捧げます。この時、右手が花の上に、左手は下に添えるように持つようにしましょう。