お葬式のマナー

PR | 猫の骨壺をお探しの方
通夜や告別式の事をお葬式と呼びます。
大人になると1度もお葬式に列席した事がないという方は少ないと思います。
お葬式に列席する場合、ある程度の年齢になるとマナーを覚えておく事も必要となってきます。
服装も子供のうちは黒い洋服を着たり制服を着て列席する事が可能ですが、高校を卒業してから列席する場合には喪服を着ていくのがマナーと言えます。
就職や大学入学を期に喪服を揃えておくのも大切かと思います。
また、告別式や通夜、宗教の宗派によってご霊前や御香典、御仏前等の書き方も変わってくるのでその辺のマナーも勉強しておくのがお薦めです。
お焼香のやり方等の作法はもちろん必要ですが、他にもお札の入れ方もお札の顔の面を下に伏せて入れるなど、結婚式とは違ったマナーが常識となっています。
包む金額も最近は緩くなっていますが、結婚式では割れる数字が良くないと言われていたりと何気ないマナーが多いのが冠婚葬祭です。
社会人となると仕事関係者等の式に列席する事もありますし、恥をかかない為にも時きちんとマナーを身に付けておくと良いでしょう。

お葬式に参列した際に一番迷うのはお焼香のやり方です。周りの見よう見まねで済ませている人も多いのではないでしょうか。お焼香は香を焚いて亡くなった方を弔うとともに自身の心と体の穢れを落とす目的があります。基本的な手順は、左手に数珠をかけ右手の親指、人差し指、中指でつまみます。次に額のまで持ち上げてから、擦りながら香炉へ落とします。この額まで持ち上げる動作を「おしいただく」といいます。これを1回から3回繰りかえします。宗派によっておしいただく回数は違いますが、あまり回数を気にする必要はないようです。亡くなった方の宗派がわかればその宗派に合わせた回数にするのが一番ですが、不明な場合は自身の宗派に合わせてもかまいません。また、自身の宗派も不明であれば、1回か3回で大丈夫です。時間の都合などで回数を指定される場合もありますので、その際は指定された回数おしいただくようにしましょう。ただ、お焼香を上げることは、故人を弔うためのものです。一番大切なのは故人を思う気持ちです。

<PR> 心の童話 / 童話 / 初値予想 / オーディオ / 女性の人生 / ショッピングカート / 家計見直しクラブ / GetMoney / 内職 アルバイト / 貯蓄 / JALカード / 工務店向け集客ノウハウ / 英語上達の秘訣 / 女性向けエステ.com / マッサージのリアル口コミ.com